債務整理の相談をしたことで人生をやり直せました

  • 交換により取得した場合の会計処理

    • 機械を購入した場合は、会計上では購入額をもってその資産を取得したものとみなされます。


      贈与により機械を取得した場合は、一銭も払っていないため特に資産として計上する必要はなさそうです。


      しかし、企業が実際に使っている以上、資産として計上しないというわけにはいかず、会計上では時価によって資産計上されることになっています。
      では、交換により機械を取得した場合の会計処理はどのようになるのでしょうか。

      贈与により取得した場合とは違い、ある程度対価を支払っているため、時価によって計上する必要はなさそうです。

      では、いくらで計上すればいいのでしょうか。
      機械に限らず交換により取得した場合の会計処理は、その資産と同じ種類の資産を交換した場合と、違う種類の資産を交換した場合とで会計処理が異なってきます。

      機械と同じ種類の資産を交換した場合は、交換の際に引き渡した資産の評価額と同じ金額で取得したものと考えます。
      つまり、一旦売却して買い直したという扱いにはならないため、この交換により損益が発生することはありません。

      同種資産を交換した場合は、同じ資産を使い続けているに過ぎないため、その取引から損益が発生してくるのはおかしいと会計は考えるのです。なお、ここで言う交換とはあくまでも等価交換のことであり、交換した資産の価値が著しく異なるという場合は損益が発生することになります。


      では、機械と違う種類の資産、例えば株式と交換した場合はどうなるのでしょうか。この場合は、その機械を時価で取得したものと考えられます。


      株式と機械という違う種類の資産を交換しているため、交換前と同じ用途で使っているとは言うことができません。そのため、株式の売却取引と機械の購入取引が同時に行われたと会計は考えるのです。

      ここでは機械を例に交換により取得した場合の会計処理について見ていきましたが、違う資産であっても同じことが言えます。
      資産の交換と言っても、どんな資産と交換するのかによって会計処理が全く異なってくるので注意しましょう。

      私が働いている会社は、40年前に入った経理の女性が会計処理を仕切っていたので、その方が退職した後任で、手書きの会計処理ができる人を募集したのですが、長く勤めてもらいたいので、退職までせめて15年から20年ぐらいある方を探していました。


      ですが経理経験がある方のほどんどは、電子会計をやってきたという方ばかりで、なかなか手書きで会計処理をしてくれる人が見つかりませんでした。


      そこで思い切って手書きから電子会計に切り替えることになり、新しく採用した経理の方に以前使っていたソフトを教えてもらって導入しました。


      操作の方法は新しい担当者がすべてやってくれたのでとても助かりました。
      私もその方が入るまで、しばらくつなぎで手書き会計処理をやっていたので、慣れない上によくわかないことだったので、本当に大変でした。

      必ず科目別に帳簿に2か所記入するのですが、もし1か所は1050円と書いて、もう1か所は1500円と書き間違えてしまうと、合計が合わなくなり、そのまま気づかずにいると決算の時にその間違いを探さなくてはならないそうです。


      それを聞いたのでとても不安で会計処理をするのが嫌でした。新しく入った経理の方は、とても優秀ですぐに仕事にもなれて毎日の処理をこなしてくれます。

      電子会計のやり方も教えてもらいましたが、手書きとは比べ物にならないくらい楽々でした。普段の日だったら処理がすぐ終わってしまうらしく、私の仕事も手伝ってくれるので、本当に助かります。
      試算表も月末処理が終わるとすぐに社長に提出して、資金繰りや、売り上げと経費のグラフなど分析をしたものをわかりやすく資料にまとめて作っては、毎月社長に提出してくれます。

      手書きだと日々の処理で精一杯でしたので、会計ソフト以外にも見積書、請求書、封筒の宛名まで連動して出して処理できるように表計算ソフトで書式を作成して作っています。


      新しい経理の人が入ったことで会社に新しい風が吹き始めた感じがします。

      不動産の弁護士が今、話題になっています。



      新宿の不動産の弁護士の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。



      千葉県の弁護士の情報をご説明します。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/447690/

      http://okwave.jp/qa/q3866443.html



  • 関連リンク

    • 減損会計という方法について、基本的な内容とその処理について、まとめてみます。減損会計とは、資産の収益性が低下して、その資産への投資額が回収できなくなってきたときに、その資産の帳簿価額を減らすことを指します。...

    • 会計事務所で働くことを考えている人にとって、1年間のスケジュールをある程度把握しておくのは、いい心の準備になります。会計事務所は、通常は定時で帰れることが多いです。...