債務整理の相談をしたことで人生をやり直せました

  • 会計業務に夢中になっていた時代

    • かつて会計業務に夢中になって行っていた時代があります。


      それは大学生の時代に始めたアルバイト先でのことですが、アルバイト先の業種は飲食業に入ります。
      飲食業でも宅配業務をメインに行っていたために、一般的な飲食業での会計とは異なる部分があります。

      素敵な遺言の弁護士の基本知識を紹介しています。

      それはお客様との間での会計では、店舗に商品を買いに来て下さるお客様の場合では、店舗内に備え付けのレジを用いて会計処理を行います。しかし宅配業務がメインなために、通常業務で一番多い会計は、お客様宅の玄関先で行うことになります。
      当時は伝票類なども現在新たに開発されているもののように、システム化されていなかったために、各お客様に渡すことになるレシートのような伝票を元に会計を行っていました。
      そのためお客様から頂くお金によって、その場で暗算で計算し、釣銭を渡すことになります。



      各スタッフは自分専用の釣銭用バッグを常に身に付けて業務を行い、勤務終了の時間になるまで、大切に売り上げ金を保管することになります。

      自身も同様に宅配に出掛ける日には釣銭用のバッグを身に付けて業務にあたっていましたが、後にお店を管理する立場になってからは、店舗としての会計業務を担当することになりました。

      勤務は大きく分けると早番と遅番になりますが、早番のスタッフが業務終了時間を迎えると、売り上げ金の集計業務を行います。

      京都の交通事故のクチコミ情報を求めています。

      伝票と照らし合わせて金額に間違いが無ければ早番のスタッフは業務を終えることになります。

      遅番でも同様に、営業時間を終えると直ぐに集計を開始します。

      この時には店舗内のレジには1日の売上金の全てが入れられていることになるので、自身は帳簿を作成し、売上金の会計処理を行うことになります。

      それまでのお店の慣例としては、総売り上げ金がその日の売り上げ伝票と合うまでは帰宅することができません。

      時には深夜を過ぎることもありました。

      千葉の弁護士について興味がある方にオススメのサイトです。

      対策としては、営業終了時間が近くなると、スタッフ毎に集計作業を早目に行い、閉店間際に入る注文を待つという体制です。


      注文が無ければ早期に全ての作業を終えることができるので、夢中になって会計業務を行っていました。


      私は、以前複数社から借金をしており、その返済がどうにもならなくなり、法律事務所に債務整理の相談をしたことがあります。

      いろいろな京都の交通事故に関する特集が満載です。

      相談の結果、私に提案されたのは、『民事再生』という債務整理の方法でした。

      私の借金は、もともとは本当に小さい金額でした。飲み会などが重なり、どうしてもお金が足りなくなって飲み代を消費者金融から借りたことが私の多重債務生活への入り口でした。一度借りると、お金が足りなくなったら借りればいいという感覚になり、だんだんと感覚がマヒしていきました。

      そして、気がつくと毎月のお給料は飲み代どころか、生活をする以外はほとんど返済に吸い上げられるようになりました。

      このような状態で一生懸命毎月返済しても、返済はほとんど利息にあてられ元金は一向に減らず、最終的には借金の返済のために借金をするという自転車操業に陥り、借金は増えていくばかりという状態まで追い込まれました。

      ここでやっと私はその状況のヤバさに気づき、専門家に債務整理の相談をすることにしたのです。

      http://www.mbs.jp/news/

      私が提案された民事再生は、自宅などの財産は処分されることなく、借金の返済額を大幅に減らすことが出来るという方法です。

      http://news.livedoor.com/article/detail/11083768/

      弁護士さんの努力もあり、私の借金の返済額は民事再生によってそれまでの半分程度まで減額されました。
      これによって、私は余裕をもって返済をすることができるようになり、借金も順調に減っていきました。

      おそらくあのままでは、私の生活は破たんしていたでしょうし、債務整理をすることによって生活を立て直すことができました。

      http://www.nikkei.com/article/DGKKZO99966280S6A420C1PPD000/

      私のように多重債務に陥り、どうにもならなくなって困っている人には、是非法律の専門家に相談することをおすすめします。


  • 関連リンク

    • 会計事務所で働くことを考えている人にとって、1年間のスケジュールをある程度把握しておくのは、いい心の準備になります。会計事務所は、通常は定時で帰れることが多いです。...

    • かつて会計業務に夢中になって行っていた時代があります。それは大学生の時代に始めたアルバイト先でのことですが、アルバイト先の業種は飲食業に入ります。...