債務整理の相談をしたことで人生をやり直せました

  • 減損会計の内容と処理について

    • 減損会計という方法について、基本的な内容とその処理について、まとめてみます。
      減損会計とは、資産の収益性が低下して、その資産への投資額が回収できなくなってきたときに、その資産の帳簿価額を減らすことを指します。

      減損処理とも言います。

      大阪の相続放棄の情報サイトです。

      減損会計は、基本的には有形固定資産に対して実施されることがありますが、のれん代など、無形固定資産に対しても行われるケースが、まれに発生しています。

      なお減損会計の考え方は、2006年から日本で導入が始まりましたので、比較的新しい考え方ともいえます。
      さて実際に減損会計になるかどうかの判断ですが、いくつかポイントがあります。

      詳しくは専門書を見てもらうということにしますが、基本的には会計期間ごとの比較により、営業収益やキャッシュフローが、少なくなっていくもしくは、少なくなっていく見込みが立った時に、この減損会計を適用を考えることになります。

      横浜の弁護士の特徴をご紹介する情報です。

      そしてこの該当する資産による、将来キャッシュフローの総額が、帳簿価額を下回ることが、計算によって算出された場合に、この処理を行うことになります。
      さて実際に減損会計を行った際には、当然ながら財務諸表にその事実を記載する必要があります。
      内容としては、該当する資産、その経緯や金額、グルーピングや回収可能価額の算出方法などになります。前述したとおり、2006年の導入以降、景気の動向とも併せて、導入を実際に行った企業が多く存在しています。


      その理由としては、導入前には多くの企業で、その有形固定資産について、多額の含み損を抱えており、売却処分したくてもできなくなっていたという経営上の問題が、解決することになるためです。このように、企業がその収益体力を回復させるためにも、とても有効な手段であったのが、この減損という処理になります。そして景気が回復局面になっていくにつれて、体力が回復した企業から、この処理を行うケースが増えていき、新しいビジネスに投資を回せるようになっていくのです。

      一言に有価証券と言っても様々であるため、同じ有価証券であるからと言って会計での取り扱いを画一的なものにするわけにはいきません。例えば、売買目的で購入した株式と、社債のように売買することを目的とするのではなく満期まで持ち続けることを目的とする債券とでは同じ取り扱いにするわけにはいきません。


      そこで以下では、株式と債券の特徴を対比しつつ、株式と債券の会計での取り扱いについて見ていきたいと思います。

      まず、株式の会計での取り扱いについて見ていきます。

      オリジナリティに富む京都の相続の最新情報が揃っています。

      通常、購入した資産は購入額で計上され続けるのですが、売買目的で購入された株式については、決算において時価で評価し直されます。

      その方が会計情報の利用者である投資家などの利害関係者に有用な情報を提供できると考えられているためです。

      大阪の相続情報サイトについて考えます。

      時価で評価し直されれば、売却をしていなくてもそこから評価益又は評価損が発生することになります。

      家賃の弁護士に関する企業の一覧です。

      売却していないのに損益が発生するというのは少し妙な気もします。

      http://okwave.jp/qa/q7341314.html

      しかし、株式には証券取引所というしっかりとした市場が存在し、株式の保有者はいつでも株式を証券取引所で売却することが可能です。

      売買目的の株式を決算時の時価で評価し直しても特に弊害はないと考えられ、また購入時に対して決算時点でどれくらい損益が既に発生しているのかという情報は利害関係者にとって有用な情報になるため、このような取り扱いになっているのです。
      対して、債券の場合はそのようなわけにはいきません。


      支払われる利息を獲得することが目的である債券については、売却することが前提とはされておらず満期まで保有され続けるためです。そのため、債券については株式のように決算において評価替えはなされず、購入時の金額のままで計上され続けることが利害関係者に有用な情報を提供できると考えられています。会計情報を提供するだけでは意味がありません。

      その情報が利用者である利害関係者に有効に利用されて初めて意味を持ちます。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/302714/

      会計基準が改正されれば経理の仕方が変わったり、過去の会計情報と比較しにくくなったりもしますが、会計情報の改正は利害関係者により有用な情報を提供出来るように努力しているという証なのです。

      http://okwave.jp/qa/q3866443.html

  • 関連リンク

    • 機械を購入した場合は、会計上では購入額をもってその資産を取得したものとみなされます。贈与により機械を取得した場合は、一銭も払っていないため特に資産として計上する必要はなさそうです。...

    • 通信技術の発達の中で、様々な職が誕生しては消えていっています。移り変わりが早くなってしまった現代社会においては、流行の職や資格を探すのにも苦労をしてしまうことが多くなってしまっているのが現状なのです。...