債務整理の相談をしたことで人生をやり直せました

  • 簡易的な債務整理で人生の再生を

    • 現代の日本は不景気と言われています。

      相続放棄が有名になってきました。

      中には景気が回復してきているという話もありますがそれはほんの一部にすぎません。
      まだまだ、いつ誰が失業するか分からない世の中です。

      私も不景気の影響によって職を失った1人です。
      私には2つの借金があったのですが、当然職を失えば返済できるわけがありません。しかし自己破産などもしたくありませんでしたので、貯めていた貯金を切り崩しながら急いで次の職を探しました。

      人気のある新宿の不動産の相続に有効なサイトの紹介です。

      その甲斐あって2ヶ月で次の職を見つけることができたのですが、前職と比べて3万も給料が少ないのです。
      借金を返せばまともに生活ができないくらいでしたので、仕方なく債務整理を行うことにしました。
      債務整理と言っても大がかりなことはなく、特定調停という方法を選びました。

      特定調停というのは、返済が困難である債務者の借金を債権者との話し合いで調整するというもので、個人であろうが法人であろうが、事業主であろうが関係なく利用することができ手続きも簡易的でわざわざ弁護士を雇うなんていうことも必要ありません。それでいて特定調停で決まったことは裁判所の判決と同じ効力を持ちますので、債務整理にお金をかけたくない私にとってはうってつけの方法でした。


      私の場合、特定調停では失業したことを考慮してくれたので話し合いもスムーズに進み、債権者側とも和解できました。私の他にも債務整理を行う人はきっと多いことでしょう。

      相続放棄のための相談といえばこちらのサイトです。

      その際、債務整理の方法は色々ありますので自分に合った方法を選ぶことが再生への近道ではないでしょうか。

      資産と言えば、建物や土地、商品、現金など、形のある物をイメージするかと思います。
      他にも債権や現在は電子化された株式など形のない物も資産に当たりますが、これらが資産であると言われても特に違和感は覚えないかと思います。


      しかし会計では、本来は費用であるものが資産として扱われていることがあります。


      この資産のことを繰延資産と呼びます。
      例えば、株式を発行した時に要した費用であるとか、事業を開業する際に要した費用などが繰延資産に当たります。

      本来は費用であるものが、会計において資産として現れるのにはもちろん理由があります。

      それは、会計の適正な期間損益計算という目的を達成するためです。

      千葉県の弁護士の情報を今すぐ確認できます。

      適正な期間損益計算とは、その企業の1年間において発生してきた利益を適正に計算するということです。
      会計における通常の費用の取り扱いについて見てみましょう。

      相続の弁護士の情報を公開しているサイトです。

      商品の購入費であれば売ったものと売っていないものとがはっきりしているため、売上と直接的に対応させることが可能です。

      http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%9C%89%E6%96%99%E8%80%81%E4%BA%BA%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%2C%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E6%8F%90%E4%BE%9B%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E8%80%85

      しかし、それ以外の費用については売上と直接的に対応させるというのは難しいため、売上が発生した事業年度と同じ事業年度に発生したという事実のみをもって計上されることになります。

      ただ、それらの費用の中には長期間に渡り収益の獲得に貢献していたと考えられるものもあります。

      例えば、株式を発行するために要した費用がそれに当たります。
      株式が発行され企業資本が増えれば、収益獲得のための設備投資などに用いることが可能です。

      http://next.rikunabi.com/journal/entry/20160129_S2

      株式の発行費用が、長年に渡る収益の獲得に貢献したと考えることができます。
      そのため会計は、収益獲得の効果が将来に渡って発現する費用については、発生時に全額費用として計上することはせず、一旦資産として計上しておき、その効果の及ぶ期間に渡って徐々に費用に替えていくという処理を行っているのです。

      http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016111902000271.html

      たいていの資産は換金することが可能ですが、費用である繰延資産は当然ですが換金することができません。

      あくまでも適正な期間損益計算という会計の目的を達成するための資産であるため、繰延資産という資産にはあまり価値はないと覚えておきましょう。

  • 関連リンク

    • 事業を始める前に発生する諸々の費用は事業年度中に発生してくる費用とは違い、会計上では一緒くたにして開業費と呼ばれます。事業年度中に発生してきた場合はそれぞれ別の名称で呼ばれる費用であっても、開業前だと一緒くたにされてしまうのにはわけがあります。...

    • 「英語、会計、ITの知識はビジネスマンの基礎スキル」と言われますが、中でも会計については、一定の知識を身に付けるための勉強時間の観点では最も効率の良いスキルです。中学一年生から英語を勉強しているのに未だに苦手意識を持っている人が多いことからも、このことは明白です。...