債務整理の相談をしたことで人生をやり直せました

  • 債務整理の相談をしたことで人生をやり直せました

    • もう数年前のことになりますが、私は法律事務所に債務整理の相談をし、その結果自己破産をしました。

      私は友人が事業を起こす際に、その事業資金の借金の連帯保証人になっており、友人は事業に失敗した後に行方をくらましたため、その借金は私が支払わなければならない状態になってしまったのです。

      軽い気持ちで連帯保証人になってしまった自分が悪いのですが、やはり膨大な額の借金を支払い続けるのは大変苦しいものでした。

      毎月の借金の督促、返済してもまったく減らない元本、私は時間が経つにつれノイローゼ気味になって死ぬことを考えたこともあります。
      そんなときに、知人に勧められて、専門家に債務整理の相談をしたのです。私の現在の状況を伝えると、借金が膨大すぎることや今後も借金の返済を続けることは困難であることから、自己破産を勧められました。
      やはり自己破産をすることに抵抗があり、当時は自己破産ということについて悪いイメージしかありませんでした。


      しかし、弁護士さんは私にこう言ってくださいました。「他人が踏み倒した借金をこれまで支払い続けたということは大変立派なことなのですよ。

      それに、自己破産は決して後ろ向きな決断ではなく、今後いちから人生を立て直すために国が与えてくれた権利なのですから、今はこの制度を利用して自分の生活を立て直すことを考えましょう」と。

      私は、この一言で人生をやり直す覚悟ができました。

      今は、毎月の返済もなくなりましたし、返済の督促に悩まされることもありません。
      確かにクレジットカードが作れないなどの不都合はありますが、あのときの精神状態に比べたらはるかに楽しく毎日を過ごしています。

      ですから、私のように他人の借金で苦しんでいる人がいれば、是非早めに債務整理の相談を専門家にしてほしいと思います。


      私は、過去に病気になったため借金の返済が難しくなり、専門家に債務整理の相談をして、その結果任意整理をしたことがあります。
      もともと借金は400万円ほどありましたが、病気になる前はなんとか毎月返済出来ていました。


      しかし、病気になったことで治療費もかかりますし、今までのように仕事で無理もできなくなり、残業代などはほとんど出ないような状態になりました。


      このため、毎月の返済が大変苦しくなり、何度か返済に遅れてしまって遅延損害金でさらに借金は膨らみはじめ、私はやむなく法律の専門家の方に債務整理の相談をすることにしたのです。


      毎月の返済額がもう少し抑えられれば、今後も借金の返済は可能であることから、私に勧められた方法は任意整理というものでした。

      粘り強く弁護士さんが債権者に交渉してくださったこともあり、私の借金の毎月の返済額はそれまでの半分以下となりました。

      毎月の返済が半分以下になったおかげで、私は治療を続けながら毎月借金の返済が滞りなくできるようになりましたし、借金も順調に減るようになりました。

      おそらくあのままの状態を続ければ、借金はさらに膨らみ続け、おそらく自己破産するまでに追い込まれていたと思いますし、あのとき任意整理をしたおかげで本当に助かりました。私は、自分の経験からも借金の返済が苦しい状態になったら、すぐに専門家に債務整理の相談をするべきだと思います。

      私のようにやむを得ぬ事情で返済が苦しくなった方は特にそうですが、借金で苦しんでいるかたには早めに専門家に相談してほしいと思います。

















  • 関連リンク

    • 会社に勤務している方は、会社のお金の流れを把握したいと思われた事が一度はあるのではないでしょうか。会計を把握すれば、その会社のお金の流れを把握する事ができます。...

    • 減損会計という方法について、基本的な内容とその処理について、まとめてみます。減損会計とは、資産の収益性が低下して、その資産への投資額が回収できなくなってきたときに、その資産の帳簿価額を減らすことを指します。...